経済的な理由から、高校を中退する方も増えています。

しかし、高校中退者の中で大きな問題になっているのが不登校です。

一昔まえに比べて、不登校児に対するケアは良くなりましたが、残念ながら不登校が原因の中退者は跡を絶ちません。

そうなんです! 高校を中退してしまう大きな理由は「不登校」なんです。
イジメや学校に馴染めず、学校に通うのが苦痛になってしまい、学校に通えない――不登校になってしまう。

しかも、学校に通えないから、出席日数が足りなくなってしまい、結果的に高校を中退せざるを得ない。

学校が原因で、不登校になった。
さらに出席日数が足りず高校を中退しなければならず、中卒として社会に出なければならない。

そんな理不尽な現実、許せません!
でも、通信制高校を選択すれば、今不登校中方でも、すでに不登校で高校を中退した方でも、高校卒業資格を取ることが出来るようになります。




不登校の方でも通信制高校なら安心して通える5つの理由

  1. 不登校で出席日数が足りなくっても転校できる
  2. 学校に通う必要がない
  3. イジメられる心配がない
  4. 自分のペースで勉強が出来る
  5. 大学入学の夢を諦める必要がない

イジメられているから、不登校なのに高校を卒業するためには、苦痛でしかない学校に通わなければならない――。
アナタにとって高校に行く理由はないのに「高卒資格」を得るために、イヤでしかな高校に通っている。

そんなアナタの悩みは通信制高校に通うことで解決することが出来ます!

通信制高校は普通の学校(全日制)と異なり、1ヶ月に1~数回学校に通えば良いので、イジメや精神的な問題で不登校になっている方でも、安心して学校に通うことが出来ます。

それでは、なぜ不登校の方でも通信制高校なら安心して通うことが出来るのか?
その理由を1つずつ、ご紹介させて頂きます。

1.不登校で出席日数が足りなくっても転校できる

すでに不登校で出席日数が足りず、このままだと「留年」するか「退学」するしかない。
そんな方でも通信制高校に転校すれば、そのまま留年も退学もすることなく、高校卒業資格を得ることが出来ます。

今通っている高校から、通信制高校への転校は実は難しくありません。

しかも、今まで通っていた学校の単位がそのまま通信制高校でも使えるので、同学年の人と同じタイミングで卒業することも出来る。

もしも、不登校であるがゆえに高校卒業を諦めかけているのなら、通信制高校に転校して、同級生と同じタイミングでの卒業を目指してみませんか?

2.学校に通う必要がない

不登校になる理由のほとんどは「イジメ」が原因です。
学校内での人間関係がイヤになって不登校になったのに、また学校に通うなんて……と思っていませんか?

通信制高校ならば、ほぼ学校に通う必要がありません。
通信制高校は普通の学校と同じく、月に1~数回程度学校に通えば良いので、不登校だった方でも安心です。

通信制高校は普通の高校と違って、毎日学校に通う必要がないので、イジメの原因である“めんどくさい人間関係”に煩わされる心配はありません。

もちろん学校に馴染めないことが原因で、不登校になってしまった方も毎日学校に通う必要がないので安心です。




3.イジメられる心配がない

先にも触れたとおり、通信生高校は毎日学校に通う必要はありません。
だからこそ煩わし人間関係に悩まされることもなく、イジメの心配もない。

下手をすると入学式と卒業式ぐらいしか、同じ学校に通う学生と会う機会がないのに、どうやってイジメをするのでしょう?
実は通信制高校は「通信制だから」、イジメがないのではなく他の学生と会う機会がほとんどないからイジメの場を作れない、根本的にイジメの心配をする必要がないのです。

わざわざ自分から、鬱陶しい人間関係に首を突っ込みさえしなければ、めんどうな人間関係に煩わされることはありません。

また通信制高校に通う方の多くは、イジメられたり、学校に馴染めなかった経験がある方ばかりであり、イジメられた人の気持ちがわかるからこそ、イジメが起きにくい……という理由もありますが。

4.自分のペースで勉強が出来る

学校の勉強、正直めんどくさいと思いませんか?
先生の対して面白くもない授業を聞いて、いちいちカリキュラムを進めていくのは多くの学生にとって退屈です。

高校生活だけでなく、プロを目指して何かの分野に一生懸命打ち込んでいる人の場合、自分がやりたいことをする時間を確保するために、高校の授業を犠牲にせざるを得ませんでした。

そんな方でも、通信制高校であれば自分で自由に時間割を決められるので、自分のペースで勉強しやすい!

もちろん「勉強が苦手で……」という方も、学校のカリキュラムに合わせることなく、自分のペースで自分にあった勉強法で、高校卒業に必要な勉強が出来ます。




5.大学入学の夢を諦める必要がない

イジメや学校に馴染めなかったせいで、大学入学の夢を諦めなければならない――そんな残酷な現実ってありません。

イジメはイジメられる側にも責任がある、なんてことを言う人もいますが、イジメられる側からすればたまったもんじゃありません。
自分の身を護るために、あえて学校に行かないのにも関わらず、不登校扱いされた上に、高校卒業資格まで奪われてしまう。

そんな理不尽な現実も、通信制高校に転校してしまえば、大学進学の夢を諦めず、高校卒業資格を取ることが出来ます。

最近では、通信制高校に通いながらも大学受験を目指す人が少なくありません。
「通信制は大学受験に不利」と言われることもありますが、しっかり勉強すれば、通信制高校であっても大学入学は可能です!

むしろ通信制高校の方が大学入学には有利かも?

「大学入学」という制度の上では、通信制高校だろうが、全日制高校だろうが、ましてや定時制高校だろうが、全く関係ありません。

大学入学資格に「通信制高校は不可」とは、一切かかれてはいません。
世間的に「通信制高校は大学進学には難しい」と言われる所以は、あくまで個人で勉強するがの難しいからであり、大学進学は高校卒業資格さえあれば、誰でもウエルカム。

むしろ、通信制高校は勉強時間や勉強方法を自分で選ぶことが出来るので、全日制高校より進学には有利!

普通の高校では、学校が決めた時間割の中でどうしても学ばなければなりませんが、通信制高校の場合は自分でカリキュラムを決められる。
例えば通信制高校のレポート提出のための時間を3時間。残りの時間でセンター試験のための勉強にする……と時間割を自分で決められる。

自由に時間を使えるからこそ通信制高校はやり方次第で大学入学に有利になれる!




通信制高校は不登校の未来を開く選択肢!

ご紹介した通り「不登校だから~」という理由で、未来を諦める必要はありません。

通信制高校を利用すれば、不登校の方でもイジメや精神的な負担を気にすることなく、高校卒業資格を得ることが出来る。
しうかも、わざわざ高校を辞めることなく、今まで取得した単位を活かすことも出来るし、やり方次第では同年代と同じタイミングで卒業だって可能!

なお、通信制高校は不登校であろうと、学校を一度中退した人であろうと、誰でも入学することが出来ます。

そして、やり方次第では全日制高校よりも、通信制高校の方が大学進学に有利!

とりあえず今、不登校で悩んでいるのなら、通信制高校に通うことを考えてみませんか?

<おすすめコンテンツ>

通信制高校を選択すること』のページをチェックください。