高校を卒業する方が良いのは、なにも体面的な問題だけではありません。

仕事のことや、生活のこと、お金のことを考えると、中卒と高卒では激しい差があります。中卒の私の経験則からいっても間違いありません。

一昔まえに比べて、確実に世間一般が中卒者を見る目は厳しくなっています。

今や高校卒業が当たり前の時代。中卒よりも、高卒の方が圧倒的に有利です。

でも、実際に高卒と中卒では、具体的にどう違うのでしょうか?

高校と中卒の違いを知ると、アナタも高校を卒業した方が良い理由が見えてくる!

中卒と高卒の違い 高校を卒業していることのメリット比較

 中卒

  • 年収:~400万円程度
  • 職種:肉体労働がほとんど
  • 生活:低くならざるを得ない
  • 転職:難しい
  • 結婚:難しい

 高卒

  • 年収:~600万円程度
  • 職種:肉体労働以外も選べる
  • 生活:並、努力次第で富裕層並
  • 転職:比較的カンタン
  • 結婚:努力次第で出来る

中卒と高卒を5つの項目で比較して見ました。

たかが「高校を卒業しているか、していないかの違い」のように思えますが、現実は中卒者に非常に厳しい。

それでは、改めて5つの項目ごとに「中卒」と「高卒」の違いを解説して参りましょう。

中卒と高卒の年収は、年々広がっていくばかり……

高校を卒業しているかどうか。中卒者であるということは、高卒よりも低い給料で働かなければならないということ。

中卒と高卒の給与をシュミレーションした結果、生涯年収は1000万円以上異なることが判明しています。

20代の頃は年収差は50万円程度。働き方によっては中卒者の方が、20代の頃は稼げるかも知れません。

しかし、肉体労働は30代、40代と歳を取るごとに、どんどん働けなくなってしまいます。

そして、30代の頃には高卒者が中卒者を「あごで使う」ようになり、中卒者の立場は、どんどんと下がっていくばかり……。

年齢と共にどんどんと激しくなっていく、中卒者と高卒者の年収。

たかが“高校卒業”というブランドですが、それがあるとないとでは一生の収入に多大な差が生まれてしまうのです。

中卒と高卒では働ける職種も大きく異なる! ホワイトカラーの仕事は高卒以上から

中卒は世間一般から「頭が悪い」と勝手に思われており、頭脳労働が主な《ホワイトカラー》的な仕事は、中卒には任せられないことが、残念ながらほとんどです。

涼しいオフィスでパソコンでの仕事や大きなプロジェクトを動かすような“やりがい”のある仕事は、残念ながら中卒者では務まらないと思われています。

つまり、仕事内容の割には給料が良い《割が良い仕事》は高卒以上でなければ、就職することが出来ないのです。

また、中卒者は肉体労働以外に、なかなか務められる仕事がないので、高卒者よりも身体にかかる負担が大きく、将来的に身体を壊すリスクがあります。

中卒と高卒の生活水準も、高卒の方が豊か……?

中卒と高卒とでは年収も働ける仕事も、高卒の方が有利。

それでは生活水準や生活環境という点では、どちらが優位なのでしょうか?

普通に考えると、中卒よりも高卒の方が上になる。まず高卒の方が年収が上なのですから、住める家も、娯楽に費やすお金も高卒の方が高水準となりがち。

また、中卒労働者の場合、どうしても仕事内容がブラックになりやすく、家に帰ってゆっくり出来る時間がない――ということもあります。

もちろん、一概に高卒者の方が生活水準が高いとは言えませんが、平気的に見ると、中卒者よりも高卒者の方が生活水準が高くなりがちです。

中卒の転職は難しい! しかし、高卒なら資格を取るという選択肢も……

中卒で取れる資格と、高卒で取れるとでは、高卒の方が取れる資格が豊富です。

大卒よりは取れる資格が少ない高卒ですが、少なくとも「高校を卒業している」という証明があることもあって、資格を取得するハードルは中卒よりも遥かに楽であり、その分「資格を取ってワンランク上の仕事に転職」という夢があります。

しかし、中卒者はそのままの状態で取得できる資格がほとんどなく、またあったとしても「就職・転職を有利にするものではない」ことも手伝って、転職の難易度は高卒よりも遥かに上です。

しかも、そもそも中卒の方が正社員になれる確率は低く、とある統計データでは中卒者の4割しか正社員になれないと言われています。

そもそも就職が難しい中卒者が、転職できるかどうかは……中卒者にとって転職は極めてリスキーな行為だと言わざるを得ません。(実際問題、高卒よりも中卒者の方が転職はリスキーです)




中卒は結婚すら難しい! 結婚にすら悪影響を与える学歴差

性格やルックス、背景などは同一条件としましょう。アナタは中卒の異性と高卒の異性、どちらと結婚したいですか?

愛さえあれば、それで良い――は大人になると言えなくなってしまいます。

私は40歳になりますが、中卒の学歴だけが問題とはいいませんが、いまだに結婚できていません。

学歴と年収が比例するのですから、少しでも安定した生活をするために、学歴で結婚相手を選ぶことは決して悪いことではありません。しかし、選ばれる方からすればたまったものではないですが・・・

お付き合いするのは良いけれど「中卒だから」という理由で、結婚を断られてしまう。特に相手側の親御さんにとって反対する理由になりますというか、2度ほどこういった経験をしています。

そして40代まで独身の私のように、将来的には結婚どころか、子どもすら持てなくなってしまう可能性だってあります。

また中卒同士で結婚したは良いけれど、生活が不安定だったり、お互いに“中卒者”として相手を見ていたりするため、中卒者の離婚の割合は高卒者同士に比べると非常に高い。

「愛さえあれば学歴は関係ない」と綺麗事をみんな言いますが、実際には「学歴がなく、収入も安定しない恋人」は結婚の相手にすら選ばれない。

……それでも、アナタは中卒のままでいますか?

特に女性は中卒だと先々の不安がいっぱい!

中卒男性と中卒女性とでは状況が、全く異なります。女性は中卒と大卒の年収差が倍近く開いてしまいます。

例えば、大卒の方が400万円の年収があった場合は、中卒は200万円の収入しかない。しかも、中卒女性は男性以上に就職しにくく、ほとんどの中卒女性は非正規です。

中卒で非正規。しかも、収入が少なく結婚しにくい。

将来のことを考えると中卒女性の未来は決して明るいとは言い難い。だからこそ、中卒女性は自分の未来のためにも”今”を変えるべきなのです!

高校を卒業するだけで、未来は180度大きく変わる!

中卒と高卒、たった「高校を卒業したかどうか」の違いだけで、収入が変わってしまうだけでなく、未来まで変わってしまう。

ハッキリ言って、日本人の95%以上が高校を卒業する今の時代、中卒というだけで、圧倒的に不利なのです。

誤解を恐れずに言うのならば、中卒というだけで未来が大きく閉ざされてしまう

そんな未来を変えるのは、アナタの気持ち次第です。

いじめや不登校を経験していて学校に行きたくないという方もいると思います。確かに無理することはありません。

例えば普通の高校に通わなくっても、通学の必要がない通信制高校にさえいけば、高校卒業資格は取れてしまいます。

すでに仕事をしているけれど、今からでも高卒資格が欲しいという方でも通信制高校なら問題ありません。

もしいまからでも高卒の資格をと思っているのなら、自分の未来の可能性を広げるためにも、今から通信制高校を選択してみてはいかがでしょうか?

◯通信制高校・サポート校の資料を無料で一括請求したい。

◯通信制高校のアレコレを知りたい。

◯自分にあう学校をしっかりと比較・検討したい。

一つでもあてはまる方は、ズバット通信制高校比較をチェック!