お子さんが不登校になった場合、最初に相談するのは学校の先生ですよね。

担任の先生は、一番親身になって相談にのってくれるでしょう。

けれど、それでも不登校がなかなか解決しない場合、あなたならどうしますか?




カウンセリングってどんなことをするの?

お子さんが通っている学校から、「カウンセラーに相談できます。」

などといった案内が配布されたことはありませんか?

最近では、小中学校にカウンセラーを配置している都道府県も多くなり、保護者が気軽にカウンセリングを受けることができる機会も増えてきました。

けれど、心配事があってもなかなかカウンセリングを受けるには敷居が高いような気がしている保護者も多いと聞きます。

そもそもカウンセリングとはどんなことをするのでしょうか。

学校に配置されているカウンセラーはスクールカウンセラーと呼ばれ、臨床心理の専門家です。また臨床心理の中でも、子ども、そしてその保護者や学校の先生がもつ悩みに向き合うことのできる専門家でもあります。

カウンセリングは、そのスクールカウンセラーが、子どものために心理的援助をすることで、通常は面談によって行われます。

面談といっても堅苦しい感じではありません。日常会話のように話せる雰囲気をイメージされるとよいでしょう。

学校で行われるカウンセリングは、このように面談が主になりますが、他の機関でカウンセリングを受ける場合は、子どもが心理テストなどを受けることもあります。

どのようなカウンセリングでも、話したくないことを無理に話さなければならないようなことはなく、いろいろ聞き出されるのではという心配もしなくて大丈夫です。

不登校のカウンセリングってどこでしてくれるの?

スクールカウンセラーが学校にいない場合や、学校のカウンセラーとの相性が合わない場合には、別の機関に相談することになるでしょう。

不登校の相談は、基本的には子どもの理解者を増やすことと保護者の負担を軽くすること、そして不登校への対応についての助言をもらうことが主な目的になるでしょう。

学校以外で不登校のカウンセリングを行っている機関を調べるには、地域の公的な機関、例えば教育委員会や市役所等にも窓口があるので、そういった機関にまずは相談してみることをおすすめします。

不登校に関して、お子さまに何か潜在的に隠れたもの、例えば発達支援が必要であると感じるものがある場合は、医療機関に不登校専門外来や思春期外来などもあるので、そういった機関を受診してカウンセリングを受ける方法もあります。

その他、大学によっては発達支援センターや支援センターなどを設置している機関もあります。大学では専門の研究がされているので、そういったカウンセリング方法も考えてみてもよいかもしれません。

カウンセリングは行ったほうがいい?

子どもが不登校になったとき、多くの家庭では、なんとか子どもを学校に行かせようと保護者自身がネットなどで調べて解決しようとする場合が多いものです。

また、子どもの気持ちを聴こうと一生懸命に会話をすることもあるでしょう。反対に、いろいろ聴いてはいけないとそっとしておく場合もあるかもしれません。

いずれにしても、保護者は子どものために一生懸命に策を考えます。そのため保護者はとても神経が過敏になり、疲れてしまうこともあるでしょう。

不登校をしている子ども自身が一番つらい立場ではありますが、それと同じくらいに保護者の負担も大きいため、子どもにも保護者にとっても、カウンセリングを受けることは、味方を増やすことになるという意味では効果的です。

しかし、カウンセリングをしてくれるカウンセラーとの相性が合わない場合は、よりストレスを増やすことになりかねません。

カウンセリングに行ったほうがよいといえるのは、子どもにとっても、保護者にとっても安心感が得られ、解決に向かっていると感じることが基本です。

カウンセリングを受けたからといって継続しなくてはいけないということはなく、合わない、行きたくないと思ったら無理に行く必要はありません。

また、不登校をしている児童生徒は、不登校のカウンセリングに行くということに抵抗感をもつかもしれません。その気持ちは十分理解できますよね。まずは、そういった気持ちを受け入れてあげることが大切です。

本人にカウンセリングを受けてもらいたい場合は、そういったことを配慮してあげましょう。カウンセリングによって味方が増えると理解してもらうことから、始めるのをおすすめします。




ステージ別カウンセリング

小学生の不登校のカウンセリング

小学生の不登校の最初の相談相手は、特別なことがない限り担任の先生ですね。そして担任の先生との間で解決しない場合は、担任以外の児童指導担当の先生がカウンセリングをすることが多いはずです。

学校の先生とのカウンセリングは、子どものことをよくわかってくれていること、学校での様子がわかっていることで、親が気付かない不登校の原因を探ることができる場合もあります。学校の先生は身近な存在なので、話しやすさもあるでしょう。

けれど、先生に知られたくないことがある場合もあります。

そういった場合は、学校の先生を通さず、直接スクールカウンセラーと相談するという方法をとりましょう。カウンセラーには守秘義務があります。

相談内容は、安易に担任など学校の先生に話すことはないので、安心してカウンセリングを受けることができます。

中学生の不登校のカウンセリング

中学生になると、小学生の時よりも友人関係や学校や社会のルール、部活動、勉強など、不登校を誘発する原因が多岐にわたるようになります。

また誘因はひとつだけではなく、いくつかの悩みをもつ場合も多くあります。思春期の不安定さも相まって、自分自身でも理由がわからなく、本人は不安に感じているかもしれません。

さらに、この時期の子どもは、親に悩みを話したくないということが多いものです。そのため、親があれこれと詮索することがよくない場合もあります。

中学生の不登校は、担任の先生に相談し、学校で解決を求めることが何よりですが、他の機関で保護者がカウンセリングを受けることで効果を得ることもよくあります。

また、子どもが他の機関でカウンセリングを受けることで、学校とは違った場所で心を解放できることもあります。

この時期のカウンセリングで大切なことは、何よりもカウンセラーとの信頼関係を築くことでしょう。

高校生の不登校のカウンセリング

高校生の不登校は、義務教育機関の小中学校の不登校とは全く違って「不登校期間の期限」があります。

一定期間不登校をしていると進級できなくなり、同学年にもう一年留まらなくてはなりません。いわゆる留年ですね。

期間内に復帰できるかどうかは、その後の進路に大きな影響を与えますので、できるだけ早く不登校を解決できるようにカウンセリングで支援してもらうのもひとつの方法です。

カウンセリングは、留年をしないような方向で進められていくことが多いようですが、本人にとって高校が精神的、肉体的に負担が大きいのであれば、今通っている学校に行くことを進めない場合もあるかもしれません。

高校生の不登校のカウンセリングは、もとの学校に戻ることを推し進めるものではありません。特に子どもの将来の方向性も考えながら支援をしてくれるのが高校生の不登校のカウンセリングです。

カウンセラーの大きな存在

子どもにとっても親にとっても苦しい不登校。

カウンセリングで一緒に寄り添ってくれるカウンセラーの存在は、きっと大きな救いとなるでしょう。

カウンセリングでは、相談したからといって直接的な効果がすぐにでるとは限りません。

保護者と子どもに寄り添ってもらい、精神的な安定を図ることができること。それがカウンセリングの一番のメリットなのです。

<おすすめコンテンツ>

通信制高校を選択すること』のページをチェックください。