文部科学省では病気や怪我などの理由で年間30日以上欠席した場合に「不登校」と定義づけをしています。

30日の欠席であれば、休み方次第では学校の授業にそれほど遅れをとることもなさそうです。

しかし実際には、30日以上欠席している不登校生が大半です。

欠席日数が多いと内申点に影響し、特に公立の全日制の高校進学には不利になります。

進路の間口を広げておくために、出席日数だけは確保しておきたいところです。

学校に出席した日数として認められる学校以外の支援学級なども増えていますので、そういったところへ行くことができる生徒は参加してみるといいでしょう。




不登校生の気になる進路

内申点が関わらない採点方法も

しかし、多くの不登校生は家から出ることを拒否する生徒も少なくありません。家にいたままでは出席日数はもちろん確保できません。

公立高校の全日制を受験希望されるのでしたら、入試試験当日の筆記試験で確実にその学校に合格できる点数をさらに上回る点数を取れるようにしておくことが必要です。

不登校が理由で内申点は思わしくなくても、点数が良ければ合格させるという「不登校枠」というものがあります。

中学は学校に行きたくなかったけれど、誰も自分を知らない人だけの高校に進学してやりなおしたいと考えている生徒もいます。

勉強は大変ですが、不登校枠を利用して進学して欲しいですね。

肝心な子供の心模様は?

今、心が元気な不登校生の今後に向けて書いていますが、心が外に向かない不登校生もたくさんいます。

心が外に向かない不登校生は、今しばらくお休みすべきだと思います。心が元気ではないのに、全日制の高校を受験して合格したとしても、また不登校になってしまう可能性があるからです。

進路を決定する主人公は生徒本人です。

親も目一杯心配しますが、親の思い通りに子供が動くものではありません。長い目で一緒に付き合ってあげるくらいの心持ちでいましょう。




中学卒業後の進路と必要な勉強

高校進学

公立高校全日制の入試は、内申点と入試当日の筆記試験の特典に傾斜をかけて合格点を割り出します。

全日制を受験するには内申点は不可欠ですが、不登校だと出席日数が足りないために内申点が低くなってしまい、内申点の分の点数を筆記試験で取らなければなりません。

以前は内申点は重要視されていましたが、今は実力重視であることや、不登校生でも希望の全日制の受験ができるよう、「不登校枠」が設けられました。

つまり、内申点が低い状況でも、当日の入学試験の結果が良く、傾斜をかけた合計が合格点に届けば合格することができる制度です。

模試などで公表される受験校の合格圏の点数をを大きく上回る点数を取ることを目標にしなければなりません。自分の実力に合わせて、無理なく全日制に合格したいならば、受験する高校のランクを落とすのが無難です。

でも、せっかく全日制に行くのに、行きたい高校ではなく、行ける高校に行くという選択をすることについて、生徒本人とよく話し合う必要があります。

公立の全日制の高校進学を希望する場合は、筆記試験でいかに点数を取るかが合格のための重要ポイントとなります。

主要5科目はわからないところがないくらいに抑えておきたいところです。また、過去5年間の入試問題を入手し、出題傾向をつかんでおくのは必須です。

私立高校は、不登校生の受け入れを優先的に行なっている学校などがあります。

そういった高校でフォローしてもらいながら高校卒業を目指すのもいいですね。私立高校は学校により特色が全く違うので、不登校生を受け入れる制度があるのかを調べてみましょう。

公立高校の定時制も試験方法は同じですが、全日制に比べると、やや間口は広い印象です。

公立高校の通信制課程の入学試験は、面接のみで筆記試験はなしという学校が多いです。基本的に不合格ということはないので、生徒への精神的負担はかなり軽いと思われます。

最近は私立高校も通信制課程を設ける学校が増えていますので、どのような違いがあるのか調べてみるのもいいと思います。

高卒認定試験

高卒認定試験は、以前は「大検」と呼ばれていた、高卒資格を得られる試験です。

中卒で生きるには風当たりが強い世の中です。高卒認定試験を取って、高校以上の学校に進む人もいますし、高卒以上しか採用しない企業への就職を目指す人もいます。

高卒認定試験はそれほど難しい筆記試験ではありませんが、高校で習う授業の知識がないと合格は難しいと思います。

とはいえ、それほど深掘りした知識は必要ありません。最低限、中学で習う分野をさらって、高卒認定試験の過去問を何度も解いて覚える必要があります。

就職

中学を卒業してすぐに就職して働くということも、学校に行かない代わりの選択肢としてあります。

いわゆる「中卒」で働くということになりますが、学歴がないということは、社会に貢献する知識が平均より不足するとみなされるということです。

そのため労働条件面や賃金面で不利なことがあります。

浪人

進学も就職もせず、ひとまず休むために浪人するのが適している不登校生もいます。

浪人するなら通信制高校に入るのもまたいいと思うのですが、通信制の登校日に行けないのも精神的に焦ります。

じっくり休んで新しい自分の道を探す時間が必要な生徒もいます。




受験までの学習をどうするか

高校進学をする場合や高卒認定試験を受験する場合には、中学で習う単元を知っておく必要があります。

学校に行かないと、自分でコツコツ頑張っても、わからないという壁にぶつかってしまったらそこから進めなくなってしまいます。

特に数学と英語は、基礎を作った上での発展のようなプログラムの組み方なので、途中の単元でつまづいてしまったら、その先に進んで学習しようとしてもわからないのでできないのです。

家で勉強するには、「わからない」の壁を取り去るためのガイド役は必要です。

自分だけの学習から脱するために、塾、通信教育、家庭教師などの方法があります。

そこで様々な学習方法のメリットやデメリットを取り上げてみましょう。

塾は集団塾だけでなく、最近は個別塾もあります。集団塾は学校の授業のようなイメージですが、個別塾のほとんどの塾が、先生1人につき生徒4人までという決まりがあるようです。

そうです、必ずしも一対一の指導が受けられるとは限りません

例えば先生1人に生徒2人での90分授業を受けたとします。

個別のいいところは先生とマンツーマンになり、質問もできる時間が設けられるところではあるのですが、1人の生徒につき45分ずつ割り当てられているという決まりはありません。

より多く質問した生徒の方が有利で、その生徒のペースで授業が進みがちです。

そういった場面で積極的に質問したり、わからないことを伝えたりすることは、不登校生でなくてもできない子が多いのです。

不登校生となったら、その場にいることが苦痛となってしまうかもしれません。

集団指導は、学校でついて行けていない分を補えないままどんどん先に進んでしまい、ますます勉強がわからなくなってしまうということになりかねません。

また、教えてもらって、わかった気になっているのに実は全然分かっていないということもよくあることです。

通信教育

毎月届く通信教育の教材は、自分のペースで学習を進めることができる便利なツールです。

詳しく解説してあるものの、「どうしてこうなるのか」の肝心なところがよくわからず理解しづらいものです。

わからなくなってしまうと、もう取り掛かりません。明日やろうと心の中では思っていても、自分から進んで取り組みにくいものです。

結局全然興味がなくなってしまい、新しいものが届いても封を開けるのは親、というケースもあるほどです。

もちろん向き不向きの個人差はあるかと思います。

家庭教師

週に数回、一回何分と、生徒がこなせる時間を決めて家庭教師に来てもらうことで、半ば強制的という言い方もできますが、生徒が確実に学習に向かい合う時間を設けることができます。

完全なマンツーマンで、わからないところがわかるようになるまで指導してくれます。

例えばそれまで通信教育の教材をとっていたなら、それを教材として使って指導してもらうのもいいですね。

家庭教師と生徒の心の距離が縮まれば、教師が生徒のメンタル面での支えにもなります。

学校に行かずに、接する人は家族だけという環境が多い不登校生にとって、このような第三者がいてくれるのは大切なことです。

不登校生には家庭教師をつけることがオススメです。

親や身内

子供が学校に行っていないから、先生の代わりに親や身内が教えるから大丈夫だと考えている方も多いようです。

親や身内がいくら高学歴で勉強ができるといっても絶対にオススメしません。理解しようとしない子供にイライラし、親も子もお互い感情的になりがちです。

子供側も、親や身内から教えてもらう学習時間を、特別な学習時間と捉えることができません。今わからなくても親はいつでもいるから「あとで」なんとかすればいいやという気持ちになりがちです。

ちなみに、その「あとで」は永遠にこないと言っても過言ではありません。




高校に行かないとどうなる?

高校受験は義務教育を終えて初めて自分の意思で決める進路

当たり前のようにほとんどの生徒が高校進学をします。高校に行かない選択をすることを考えたことがありますか?

中卒で就職して世の中には出て生きていくことと、大卒で就職して生きていくことでは、どれほどの豊かさに差があるか知っていますか?

不登校の子供が、高校には進まず、就職したいと言ったら、そのように話し合ってみるのもいいと思います。親心としては、子供には豊かな毎日を過ごせる生活力を持って欲しいものです。

中卒で働いてきたけれど、いかに大変な人生を送り、高校に行かなかったことを後悔したか。年齢を重ねてもずっとつきまとう後悔です。

改めて全日制の高校生になるわけにはいかず、通信制で学ぶ大人の高校生はたくさんいます。

後悔した後からでも、高校卒業資格を取れる道はたくさんあるではないかと思うかもしれません。

でも、その後悔をして欲しくないのです。失った時間は、絶対に戻らないのです。

自分で選び進む道

中学卒業後の進路は、義務教育が終わり、初めて自分で進むべき道を選ぶことができます。

でも、世の中に出たことがない子供本人だけの考えだけで物事を決めてしまうのは考えものです。

子供の心理状態を踏まえ、今後どうするべきかを子供と話し合うことがとても大事です。

子供を支えてあげられるのは、一番身近な存在の親御さんしかいません。これは不登校の子どもに限られたことではありませんね。

子供の言うことを否定せず、共感をした上で、親の意見を伝えるようにすることがおすすめです!

<おすすめコンテンツ>

通信制高校を選択すること』のページをチェックください。